飲料水を頼む

ブログランキング参加中です。クリックして応援してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 

足でけられるお水

中国でも水の汚染が広がっているため、多くの一般家庭向けに飲料水の発売がなされています。

しかし、飲料水をお金を出して買うことが出来る家庭はまだまだ少数で、多くの家庭では、水道の水を一度沸騰させたお湯を飲むこともあるようです。

引っ越してきてから、私たちは飲料水を「1樽」単位で、大量にまとめて注文することにしています。

料理をする際や、お茶やコーヒーなどの飲料を飲む際に使う水です。

大体、10樽で120中国人民元の水と、10樽で150中国人民元のお水が一般に市販され知得るお水ですが、毎回電話で注文すると、そのお水を運んで家まで持ってきてくれるシステムになっています。

今回見た私たちの光景は、何と、水を運ぶ会社の人が、トラックから大量に市販の水を出している際、お店まで足でけって水を転がしている様子です。

賢い方法であるといえば、賢い方法で、1つ1つを手で運ぶことなく、簡単にお水をお店まで運ぶことが出来るのですが、商品をこのように扱っているとは。

日本と比べると、あまりの商品の扱い方の差がある方法に、つくづく中国の方の考え方に思いやられました。

そういえば、お水を注文した際に、届いたばかりのお水のはずなのに、なんとなくお水の入れ物が汚いような気がしていました。

これは、「気がしていた」わけではなく、お店の人が足で商品をけっているゆえ、この商品は「汚かったんだ」と、再確認出来る出来事でした。

 
 
次の記事:
今の記事:飲料水を頼む
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ