うちだけ停電?其の一

ブログランキング参加中です。クリックして応援してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 

すでに暗くなっている家の前

引っ越して間もなくの停電騒動が終わって、幾日も経たないうちに、「またいきなりの停電」。

今回の停電は昼の停電だけに、少し落ち着いた対応が出来ています。

中国のいきなりの停電には慣れているものの、こう幾度も続くと少しいやな思いをするものです。

特に冷蔵庫の中のものが心配です。

あまり長い時間停電が続くと、

「冷凍庫の中に入れてあるお肉や冷凍食品は、これからどうなるのだろう。停電が終わった後も食べれるのだろうか?」とか、

「昨日買ったばかりの卵や牛乳は、冷蔵庫の中で悪くなっていないだろうか?」といった、日本ではまず考えない事柄を心配し始めます。

それも、中国の停電がいつ回復するのか、私たちには、予想がつかないといった不便さからくる原因です。

しかし、悩んでいても仕方ないので、一時の間家を離れることに。

近くのスーパーによってみると、そのスーパーは明かりが点いていて、「このスーパーのエリアは停電じゃないんだ。」と思いこみ、成都の寒い冬をしのぐための暖を、このスーパーでとることにしました。

どのくらい時間がたったでしょう?外はすっかり暗くなっています。成都の冬は、大体5時くらいから日が落ち始め、ほかの地域と比べて暗くなる時間が早いのです。

 
 
次の記事:
今の記事:うちだけ停電?其の一
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ