香港旅行記(11)香港空港から成都へ

ブログランキング参加中です。クリックして応援してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 

81

香港の国際空港はとてつもなく大きな空港です。

歩きまわるとつかれてしまうくらいで、沢山の免税品店や飲食店が空港の中に入っています。

また、香港国際空港のフード空港のようなところには、沢山の人がいつも集まっていて、飛行機の時間待ちをしています。

世界の中でも、大きな国際空港と言ってよいのではないでしょうか?

そのように広い香港の国際空港には、沢山の外国の航空会社が集まっています。

毎日のように、様々な外国の航空会社が香港を目指して飛行機を飛ばしていますし、外国の旅行者が沢山乗り継ぎを待つ場所でもあります。

 

しかし、そんな中にあって、成都行きの飛行機は、なぜかそのような華々しい空港からではなく、一階の隅からの出発なのです。

しかも、一階の出発口からは、バスに乗せられて滑走路の端に止っている飛行機まで送られるのです。

 

一度飛行場に降り立って、飛行機に取り付けられたタラップを上って飛行機に乗るのです。

この瞬間、日本からの現実に戻ります。

また、飛行機の中には、沢山の成都の言葉「四川弁」が聞こえ始めます。

「あ~、帰って来た~」という感じです。

ホッとする半面、これからの現実が行きに付きつけられる、なんともいえない感情になります。

 

※この記事は数か月前の出来事を元に書いています。

 
 
次の記事:
今の記事:香港旅行記(11)香港空港から成都へ
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ