日本への里帰り(5)日本人らしさと中国人

ブログランキング参加中です。クリックして応援してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 

65

香港で日本行きの飛行機を待つこと4時間。

やっと福岡行きの飛行機の案内が出ました。

それまでの待ち時間の長いこと、長いこと。

この待ち時間をスタバのスコーンと抹茶ラテを飲みながら待っていました。

そこで思うのですが、成都から香港までは、中国系のお客が多かったっせいか、飛行機の中もワイワイガヤガヤとてもうるさい動物園の雰囲気でしたが、ここ、香港に着いたとたん、日本人のワラリーマンもちらほらと見え始め、日本ならではの行儀よい雰囲気に空気が変わっています。

懐かしい空気です。この瞬間は最高です。

 

話声も小声で、「あ、どうもすみません」と言う声も聞こえるではありませんか。

「あ~、日本人でよかった」と思える雰囲気です。

今までの混乱状態はどこへやら。

 

飛行機の搭乗も、順番良く皆が並び、飛行機の中のアナウンスも丁寧な日本語です。

日本人CAも2人搭乗しているので、私たちが日本人だと分かると、笑顔で機内サービスを始めました。

「やはり、日本の礼儀は最高だね~」と、主人と話ながら飛行機の旅を楽しみ、香港から台湾に、そして台湾から懐かしの日本に到着するのです。

 

やはり日本で育った背景があるので、どうしても中国人の礼儀の無さにはついていくことができません。

時折、中国人の礼儀の無さに「子供の英才教育の前に、道徳を教えろ!」と、心の中で叫んでしまいます。

その点、日本人の礼儀の良さは世界の中でも誇るべきものだと思っています。

 

※この記事は数か月前の出来事を元に書いています。

 
 
次の記事:
今の記事:日本への里帰り(5)日本人らしさと中国人
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ