中国で家を借りる

ブログランキング参加中です。クリックして応援してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 

中国で家を探す

自分の気に行った家を見つけることが出来れば、不動産店を通して、大家の方とあうことが出来ます。

私たちの条件にかなう部屋を見つけたものの、大家さんが感じの悪い方であったり、お金設けが好きであったりする方であった場合、すぐにこの家の契約を放棄することは大切です。

中国の家賃は1年まとめて払いあ、もしくは、半年や3カ月まとめて払いがあります。

半年や3カ月まとめて払いは、交渉の際に家賃を下げてくれる可能性は低いですが、1年まとめて払いですと、月々の家賃を下げてくれる可能性があります。

「まとめて家賃を払ってもらうので、少し家賃をおまけしてあげるよ。」といった感覚でしょう。

大家の方と面談をして、自分たちの条件や家賃に対しての交渉をしたところ、とても感じのよい大家の方だったので、即契約をすることになりました。

しかし、問題は始まったばかりです。

契約書を交わす前に、ガスや水道、そして電気などの点検をする必要があります。

ガスは本当に正常に点くでしょうか?水道の水の出方は良いでしょうか?電気はすべて点くでしょうか?

日本では当たり前のことは、この国では当たり前ではありません。

契約をした後に、「ここが壊れています」と言っても、それは当人で修理をすることになりますから、契約前に家の隅々を点検する必要があります。

 
 
次の記事:
今の記事:中国で家を借りる
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ