中国の大衆食堂

ブログランキング参加中です。クリックして応援してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 

53

最近の中国では、沢山の大衆食堂が増え始めています。

最近の私たちのお気に入りの食堂として「大米先生」というお店があります。

「大米」はご飯のこと、「先生」は「~さん」という意味で、「ご飯さん」という変なお店です。

しかし、お店の名前通りご飯がとても美味しいお店です。

 

このお店では、お店の入り口で自分のトレーをとり、お店にズラリと並んでいるおかずの中から順番に自分の好きなおかずを選んでいくスタイルのお店です。

 

自分の気に行った食事があると、お店の人に「これ!」と指さすと、お店の方が、自分の持っているトレイの中にどんどんおかずを入れてくれます。

ご飯もスープも果物もあります。

もちろん、中華料理もいろいろな種類があり、おかずによって値段が決まっています。

 

私たちはいつも、主人が大盛りのご飯を頼み、おかずも2人で話し合ってついでもらうようにしてます。

 

ここだけの話、値段が高いおかず(9元)(日本円で150円)は、あまりおいしくありません。

3元(50円)くらいのおかずや1元(16円)くらいでもおかずが食べれます。

どちらかと言うと、値段の安いおかずは、「白味」と言って、日本人好みの薄味になっているので、私たちは1元の大盛りご飯に、3元や1元のおかずで、お腹一杯になります。

なんとも安上がりな「大米先生」。

助かっています。

 
 
次の記事:
今の記事:中国の大衆食堂
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ