四川の魚料理

ブログランキング参加中です。クリックして応援してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 

19

中国には沢山の食べ物があります。

みなさんもご存じのとおり、日本では到底食べれないような食材もあります。

 

今回は、四川省の料理の中で、四川で重宝されている食材をご紹介します。それは、魚です。

四川省は山に囲まれた陸地にあり、海から遠く離れているため、海を知らないで育っている方がほとんどです。

日本から持ってきた海の写真を友人たちに見せると、必ずと言って「きれい!一度は見てみたい」と言う返事が返ってくるほどです。

 

と言うことで、魚料理は四川料理の中でも重宝されている料理ですが、日常食として、スーパーなどに行けば、活きたままの魚を手に入れることが可能です。

死んでいる魚は、ほとんど冷凍されているカチカチの状態でしかありません。

 

そして、中国人は魚の種類をあまり気にしません。魚は魚です。

ですから、時折、友人に「これは何と言う魚?」とでも聞こうものなら、中国の友人たちはパニックになってしまいます。

日本であるがゆえ、魚が豊富にある環境にあるのです。

 

四川省の魚は海の魚ではなく、川の魚です。

ですから、どうしても魚臭さがあります。

火鍋に入れて「火鍋魚」として食べることもありますし、中華料理では、この魚を油で姿のまま揚げる方法もあります。

 

しかし、食べ方としては、魚をそのままぶつ切りにするため、食べる際に小骨が気になって、おいしさが半減してしまいます。

やはり、日本の魚料理が一番です。

 
 
次の記事:
今の記事:四川の魚料理
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ