中国の感覚汚染

ブログランキング参加中です。クリックして応援してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 

17

中国の汚染問題は後を絶ちませんが、汚染されるのは、自然だけでなく、人間の感覚も汚染が始まります。

 

中国の人気テレビ「喜羊羊」(シー.ヤン.ヤン)は、日本の「ドラえもん」や「サザエさん」並みの国民的、子供アニメの1つです。

写真の上段右に青の羊がいますが、これが「喜羊羊」で、隣のピンクの羊が「美羊羊」(メイ.ヤン.ヤン)です。

 

中国に来たばかりのころ、中国語の勉強にこの「喜羊羊」のテレビを、子供たちと一緒になって見ていましたが、「喜羊羊」は「灰太郎」というオオカミをいつもやっつける、いわば展開がいつも同じ、子供向けアニメで、なかなか面白いアニメです。

アニメで爆発的人気になったので、中国では夏の時期などに、映画化されることもあります。

 

最初は「なんだ?可愛くない」と、あまり興味を示しませんでしたが、そのうち様々なグッズが出だし、日常的に見ることが多くなってきたあたりから、私たちの感覚も鈍り始め、今ではこの羊が可愛く見れるようになってしまいました。

中国の物は、特許を気にしないため、偽物が多く出回っていますが、中国生まれのこの「喜羊羊」はどの商品も、本物のようにうまく出来ているところがビックリします。

 

余談ですが、下の段に置かれているこのおもちゃ、どこかで見かけたことがあるでしょうか?

そうです。「ロディー」の偽物です。

「ロディーって、顔がこんなに怖かったっけ?」と、中国の偽物になれると本物の方を忘れがちになります。

そのうち、この偽物ロディーが本物に見えてきて、日本に帰って、本物を偽物だと言い張る自分が居そうで、本当に怖いです。

 
 
次の記事:
今の記事:中国の感覚汚染
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ