なかなか手が出ない料理

ブログランキング参加中です。クリックして応援してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 

16

お店からとても良い香りがしてきます。いつも足を向けつつあるのですが、お店の前まで来て、お店になかなか入れない四川料理店があります。

 

その料理店はいつもお客が満員で、皆おいしそうに料理を食べているのです。

そう、このお店は「串串香」(チュアン.チュアン.シャン)なのです。

お鍋の中の真っ赤でぐつぐつと煮えたぎっている汁の中で、日本のしゃぶしゃぶのように、串の先についている具材をしゃぶしゃぶして食べる料理です。

 

「香りよし!味よし!」なのですが、お店の名前にいつも考えさせられます。

お店の名前は「厠所串串」つまり「厠所」は中国語で「トイレ」。

しかも、日本人の「お手洗い」を通り過ぎて「便所」の意味に近い「トイレ」の意味があるお店です。

 

この「厠所串串」のお店は、聞くところによるとチェーン店で、成都のいたるところで見かける串串香のお店ですが、お店の横や前には、もちろん「便所」らしきものはありません。

しかし、中国の「便所」たるものを知っているだけあって、このお店に入って料理をする勇気がなかなか出ないのです。

「どうしてこんなお店の名前にしたのだろう?」と、不思議に思えるほどです。

中国の友人にお店の名前の由来や、「このお店で串串香を食べることに抵抗がないのか」と聞いたところ、「おいしければ問題なし!」と言って、あまり真剣に考えていない様子。

どおりで、お店の中もいつもお客が満員です。

 

一度は食べてみたい串串香ではありますが、いまだになかなか手が出ずにいます。

 
 
次の記事:
今の記事:なかなか手が出ない料理
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ