期待を裏切る中国の朝マック

ブログランキング参加中です。クリックして応援してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
 

中国の朝マック

成都の中には、沢山の「マクドナルド」があります。

たまには、贅沢に「朝マック」と思い、日本のように仕事前の「朝マック」をすることに。

 

「朝マック」のメニューは3種類あり、ソーセージマフィンと入れたてコーヒーのセットで6元、日本円にして約100円弱の朝ごはんをゲットしました。

安い!安い!

 

中国人にとって、マックのコーヒーは考えられない品物です。

中国のコーヒーと言えば、ミルクと砂糖がタップリと入っている飲み物が「コーヒー」で、ブラックコーヒーは飲みません。

ですから、私たちにとって朝マックのブラックコーヒーは、本当においしく、それでいて安上がりの飲み物なのです。最高においしいです。

 

さて、問題の「ソーセージハンバーガー」のお味は。

このハンバーガーは「激マズ」です。バンズもパサパサ、ソーセージも中国のなんとも言えない味がついていて、かなりお腹がすいている時以外は、いただけない味です。

期待を見事に裏切ってくれました。

 

朝マックの料金6元からすると、私たちにとってコーヒー代というところで、ハンバーガーはおまけに付いている、食べても食べなくてもよい商品となります。

しかし、6元で飲むことが出来るコーヒーは格別ですから、どうしても朝マックは時々活用したい商品です。

そして、中国マクドナルドでは、日本ではすでになくなっている「コーヒーおかわり無料」のサービスがいまだについています。

 
 
次の記事:
今の記事:期待を裏切る中国の朝マック
前の記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ